することもできますし?

修正前 〜することもできますし、〜することもできます。
修正後 〜することも、〜することもできます。

別に間違ってはいませんが、ソフトウェアのリファレンスマニュアルで「できますし」は丁寧すぎるような気がしました。読み物風の製品紹介などで、読者に語りかけているような文章ならば「できますし」でも違和感はないと思います。