MSDNライブラリ「プロシージャのオーバーロードに関する注意事項」への突っ込み

http://msdn2.microsoft.com/ja-JP/library/e18yd02w.aspx
関数のオーバーロードについて調べ物をしていて、上記のWebページを読まなければならなかったのですが、読みづらくて苦労しました。英語のページ http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/e18yd02w.aspx も併読したほうが理解しやすいです。日本語のページは、日本のVBユーザーにとって役に立っているのでしょうか?
日本語訳は典型的なローカライズ翻訳という感じで、完全な間違いというわけではないのですが、読んでいて私ならこう直すのに、と思う箇所がいくつもあります。さっそく冒頭の文章ですが、

日本語 プロシージャをオーバーロードする場合、オーバーロードされる各バージョンに別々のシグネチャを使用する必要があります。
英語 When you overload a procedure, you must use a different signature for each overloaded version.
修正案 プロシージャをオーバーロードするときは、オーバーロードされたバージョンごとに別の“シグネチャ”を使用する必要があります。

「各バージョンに別々のシグネチャを使用する」が特に分かりづらかったです。
他にも突っ込みどころは多数ありますが、修正案を今すぐ提示することはできそうにないので、後日時間のあるときに検討してみようと思います。