your=「お使いの」?

「your computer」の「your」を「お使いの」と訳す方法は、ローカライズ翻訳ではよく見られるのですが、いつでもこの訳し方で良いとは限りません。アプリケーション開発者向けの文書の翻訳をレビューしていたときに、「your application」が「お使いのアプリケーション」と訳されていたのを見たことがありますが、読者はアプリケーションを使っているのではなく、開発しているのです。翻訳する人は、日本語訳だけを読んで意味が通じるかどうかをチェックしないのでしょうか? 翻訳支援ツールを使うと、原文と訳文を並べて見ることができるので訳抜けを防止できるというメリットがある一方で、特にTradosは原文と訳文が交互になっているので、文章の流れを無視してセンテンス単位で訳す癖が付いてしまいがちです。他の表形式(たとえば左の列が原文、右の列が訳文)の翻訳支援ツールなら、訳文の列だけ読むことも簡単ですが、Tradosでも訳文だけの表示はできるので、面倒でも原文を非表示にして通し読みすべきです。