「何かしら」

ソフトウェアのマニュアルはたいていが「ですます調」で、あまり堅苦しい表現を使わないようになどとスタイルガイドで指示されます。しかし、くだけすぎる表現も考えものです。現在レビューというかプルーフリーディングしている訳文はくだけすぎで、「何かしら印が付いています」などといった表現が次々登場するので、いちいち「なんらかの印が付いています」などと修正しなければならず、うんざりです。いくらですます調でも、普段の話し言葉そのままではまずいでしょう。