見出しのスタイル(英文マニュアルの場合)

Microsoft Manual of Style for Technical Publications』の「Heading style and conventions」の項には、一般的なガイドラインとして「手順を示す見出しには動名詞(-ing)を使う」「実際の手順に先立つ見出しには不定詞を使う」「taskの説明ではない見出しには名詞句を使う」などと書かれています。このように使い分けられているので、日本語訳でも、体言止めに統一するのではなく、“操作手順を説明する項の見出しの文体は「〜する」”など、場面に応じて文体を使い分けるようにすればよいと思います。