出版翻訳は別の世界?

とある出版翻訳トライアルの講評に書かれていたことです。

  • 原文の表現が抽象的なときは、著者が何を言おうとしているかをよく考えてみる。
  • 英和辞典に書かれている日本語訳にとらわれるのではなく、英英辞典を調べるなどして本来の意味をつかむこと。

私がふだん携わっているIT翻訳にも十分当てはまることです。というか、翻訳という作業は根本的に出版もITも同じなんですけどね。
最近翻訳会社から依頼されるレビューの仕事では、日本語の表現を見てくれと言われることが多くなっています。技術的に正確でも日本語として不自然ではいけないということです。が、日本語が不自然なのは往々にして原文解釈が不十分であることが原因なので、後でどういう工程が入るにしろ、最初に翻訳する人がしっかりした訳を作ることが肝心だと思います。