ワード単価

少し前に「翻訳会社から納品された使えない訳文」のレビューというか修正の仕事をしていたのですが、その翻訳会社がとあるメディアに求人情報を載せていました。ワード単価も書かれていましたが……安い。この単価ではしょうがないかなあと思わないこともありません。収入を上げるには量をこなせばいいのかもしれませんが、そうすると調べ物の時間が取れなくなるんですよね。今回の案件は割と新しい技術に関するものなので、自分の担当外のファイルもじっくり読まなければ具体的な動作を理解できないはずですが、そんなことをしている暇はなかったのでしょう。
それにしても、こういうレートでITの専門知識のある翻訳者が集まるんでしょうか?