見直しにかける時間

最近、新しい取引先(翻訳会社)からレビューの仕事を受注するようになりました。最初の何件かはそれほど問題なく終わったのですが、今やっているのはすごいです。何がすごいかというと、翻訳がものすごくいい加減。その翻訳者の仕事の実績はまだ少ないとのことですが、よくこれでトライアルに通ったなあと感心してしまいます。
たとえば、send Bill a messageを「ビルをメッセージに送る」と訳すといった感じです。実際の文章はこれとは違いますが、他にも、長い文章の後半の分詞句の訳がそっくり抜け落ちていたり、画面用語の訳をUI辞書からコピー&ペーストするのではなく自分で勝手に訳していたり。だからほとんど訳し直しです。
納品する前に、自分がチェッカーになったつもりで見直しをすれば、こんな状態にはならないはずですが、見直しなどしていないのでしょうね。何を考えて翻訳という仕事をしようと思ったのか、本人に直接会って話を聞いてみたいものですが、あいにくその人は海外在住なんだそうです。