専門用語を抜き出して事前に用語集を作ることは可能ですか?

Tradosにそんなツールがあったなあと思って調べていたら見つけたのが7月18日に取り上げたWebページです。あのとき英日混在だったページは、日本語に訳されていました。それはさておき、「翻訳作業を開始する前に用語を抽出して用語集を作成する」というやり方は、うまくいっているのでしょうか。その手のツールの紹介を某所で見かけたので、実際にどれくらいの時間があればできるのかを質問してみたことがありますが、「やってみないとわからない」という意味の答えが返ってきました。ツールを紹介していた人はコンサルタントをしているとの触れ込みでしたが、実績のデータもないのに理想を語るなら誰でもできるって。その紹介記事にはツールのスクリーンショットがありましたが、解像度が低いので文字はぼんやりしていました。でも、よく見たらどう見ても英ママの固有名詞ばかりでした…それのどこが用語集?
別にTradosのツールがいけないと言いたいのではなく、実際どれくらい手間暇をかければまともな「用語集」ができるかを知りたいのです。「用語集」に載せるべき用語というのは、「人によって訳し方がばらついていては困るもの」ですが、用語集に載せるかどうかの見極めは結構大変です。やたらと載せるとそれに縛られて訳文がおかしくなったりしますし。私が今かかわっているプロジェクトは、ほとんどが新規翻訳ですが、まともな用語集がありません。10万ワード単位のわりと大きなプロジェクトですが、事前に用語集を作っている暇はなかったみたいです。一通り翻訳した後で新規用語リストを見直して、訳がばらついているようなら統一してバイリンガルファイルを一括修正することになるのだと思います。「新規用語リストの見直し」以降をやらない可能性もありますが…。