明らかな手抜き翻訳

世の中には、見直しをろくすっぽしないで訳文を納品してくる翻訳者がいます。そんな訳文をレビューというか訳し直しているのですが、もううんざり。翻訳会社のPMに、この人には二度と発注しないほうがいいですよと進言したのですが、その会社は最近受注をたくさん抱えているのでそんな手抜き翻訳者にも発注せざるをえないそうです。新しい翻訳者のほうがリスクが高いとか。「パソコンが起動しなくなったのでいつ納品できるかわかりません」などという翻訳者かもしれないので、それよりは一応日本語が入ったファイルを納期までに送ってくるという実績のある人のほうが使いやすいんでしょうね。
しかし、本人はそれで良心が痛まないのかなあ。調べ物もほとんどしないで適当に訳をあてているし、訳抜けもちらほらあります。プロなんだから、そのままクライアントに見せても問題ない程度には仕上げて欲しいものです。