「各受信者には、個別の添付ファイルが送付されます」


Outlook 2003の新規メール作成画面で、メールに添付ファイルがある場合に右端に現れるパネルです。「各受信者には、個別の添付ファイルが送付されます」って、どういう意味だかわかりますか?
最近は、マイクロソフト製品のUIストリングがhttp://www.microsoft.com/language/ja/jp/search.mspx?sString=&langID=ja-jpで検索できるようになっているので、さっそく調べてみると、英語のストリングは

Each recipient gets a separate copy of the attachments.

でした。受信者のそれぞれに添付ファイルのコピーが送りつけられるということですね。なんでこんな風に「意訳」しちゃったんでしょう。「個別の」の使い方が間違ってるような気がしますが。
ちなみに、もう一方のオプション(「共有添付ファイル」)の説明も調べてみたところ

各受信者には、ドキュメント ワークスペースのファイルのコピーが送付されます。このファイルは、他のユーザーが変更すると自動的に更新されます。
Each recipient gets a copy that is also available in a Document Workspace and can be automatically updated with changes made by others.

でした。想像していたのと微妙に原文が違っています。「このファイル」って「コピー」のことでしょうか、それとも「ドキュメント ワークスペースのファイル」のことでしょうか。私自身は、Outlookはオンサイトの仕事のときにちらっと使うだけなのでどちらでもよいのですが、「このオプションを使うとどうなるか」という説明がわかりくいと、ユーザーに不安を抱かせることになりませんか?