忙しさ自慢

ここのところ、あるやっかいなプロジェクトで翻訳レビューをしていました。いつものようなソフトウェアのオンラインヘルプの英日翻訳ですが、小さいファイルがたくさんあって、1トピック1ファイルですが、目次の順番どおりにファイルが並んでいるわけではありません。しかもアップデートなので、100%マッチの合間にあるファジーマッチと新規翻訳部分を見つけて翻訳しなければなりません。ファイルを開いたり閉じたりする手間だけでも馬鹿にならない。ファイルによっては翻訳対象の部分がなかったりしますし。そういう事情を考えたとしても、翻訳者からあがってきた翻訳はひどいものでした。誤訳もあちこちにあって、それも機械翻訳のほうがましというレベルの誤訳です。構文も何も考えずに適当に日本語に置き換えていったんでしょうねぇ。それが翻訳者の仕事なのだろうか。
それなのに、その翻訳者はどうも売れっ子らしいのです。なぜそれを知ったかは内緒ですが、本人は忙しい忙しいと吹聴しているらしい。よくそれで続けて仕事を受注できるなあと感心してしまいます。多分、翻訳会社にとっては、大きめの案件を受注してとにかく翻訳者の頭数を揃えたいときに、安い単価でも黙って引き受けてくれる翻訳者は非常にありがたい存在なのでしょう。翻訳者は、単価が安いから数をこなさなければならない。だから見直しもしないで納品しちゃうんでしょうね……誰がこんな世の中にしたのだ。