HTTP(S) 負荷分散、SSL プロキシ負荷分散、TCP プロキシ負荷分散

https://cloud.google.com/compute/docs/load-balancing/ipv6?hl=ja
HTTP(S) 負荷分散、SSL プロキシ負荷分散、TCP プロキシ負荷分散のための IPv6 ターミネーション

https://cloud.google.com/compute/docs/load-balancing/ipv6?hl=en
IPv6 Termination for HTTP(S), SSL Proxy, and TCP Proxy Load Balancing

 

Google Cloud Platform(GCP)の HTTP(S) 負荷分散、SSL プロキシ負荷分散、および TCP プロキシ負荷分散では、IPv6 クライアントもサポートされています。ロードバランサは、ユーザーからの IPv6 接続を受け入れ、インスタンスに対してこの接続を送信します。

Google Cloud Platform (GCP) supports IPv6 clients with HTTP(S), SSL proxy, and TCP proxy load balancing. The load balancer accepts IPv6 connections from your users, then proxies those connections to your instances.

 

HTTP(S) ロードバランサ、SSL プロキシ ロードバランサ、TCP プロキシ ロードバランサに対し、IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方を設定できます。

You can configure both IPv4 and IPv6 external addresses for HTTP(S), SSL proxy, and TCP proxy load balancers.

負荷分散のタイプが3つあるようですが、くどすぎませんか。