IT翻訳者の疑問

この業界に入って約20年。私の疑問は相変わらず解決しません。

前置詞acrossをどう訳すか

年も改まりましたのでMicrosoft Azureのトップページ(https://azure.microsoft.com/ja-jp)を見に行ってみたところ、冒頭の部分が更新されていました。

大見出しは、英語版では「Power your vision」、日本語版では「あなたのビジョンを実現」です。体言止めということは、その後に何が続くかは自分で考えてくださいということですね。実現してくれるのか実現しなさいなのか。

それに続く文章です。

包括的なクラウド プラットフォームでワークロードと環境全体を最適化し、より多くの成果を実現できます。従量課金制の価格で今すぐ利用し始めることができます。事前契約はなく、いつでもキャンセルできます。Azure を最大 30 日間無料でお試しになることもできます。

Optimize across workloads and environments and accomplish more with a comprehensive cloud platform. Get started now with pay-as-you-go pricing. There’s no upfront commitment—cancel anytime. Or try Azure free for up to 30 days.

英和辞典でacrossを調べると、基本的な意味は「十字に」であり、「~を横切る」、「~を越える」、「~の端から端まで」などの意味で使われるといった解説があります。上記のacross workloads and environmentsが「ワークロードと環境全体を」と訳されているのは、「ワークロードと環境の端から端まで」の意味だからでしょうか。

前置詞acrossに続く名詞が単数形のときはそれでもいいかもしれませんが、ここでは複数形です。複数の「workloads and environmentsをまとめて最適化」という意味がこめられているのではないでしょうか。しかも文末には「with a comprehensive cloud platform. 」があります。複数の何かに1つのもので対処できることは、セールスポイントとしてアピールすべきではないでしょうか。

それに続く文章の内容は、以前のバージョンと比べて大きな変化はありませんが、日本語版は若干表現が変化しています。「no upfront commitment」は「事前契約はなく、」にしたのですね。ついでに、大見出しの上の青い小さな文字の「AZURE. INVENT WITH PURPOSE.」が復活していますが、日本語訳では以前1文だったのが「Azure。目的を持って創造する。」という2文となっていますね。

View=表示?

最近、TwitterのView Countが表示されるようになったことが話題になりましたが、これがネットニュースでどう報じられているかを見てみました。

www.itmedia.co.jp

japan.cnet.com

gigazine.net

digital.asahi.com

「見られた回数」、「閲覧数」、「表示回数」といろいろありますね。「ビューカウント」というカタカナ表記を併記しているところもあります。では、日本語での正式な機能名はどれなのでしょうか。

Twitterの公式ヘルプには、英文での説明はあるのですが日本語版は見当たりません。

help.twitter.com

実際にtwitter.comでこのカウントが表示される部分を見てみると、英語ページではたとえば「55.2M Views」と表示されるところが日本語版では「5,527.7万 件の表示」などとなっているので、ここでは「Views」=「表示」なのでしょう。

なぜviewという人間の動作が日本語では「表示」という、コンピューター(ソフトウェア)の動作として表現されるのでしょうか。私が https://twitter.com/elonmusk/status/1605957811162054656 にアクセスしたとき、私はこのツイートを「表示」したのでしょうか? Twitterというソフトウェアの設計者の観点からは、誰かのパソコンやスマートフォンの画面に表示されたらview countに1を足すということなので、表示=viewなのでしょうが。

日本語ではなぜか、見る・聞く・話す・読むといった基本的な動作を一言で表現する漢語がないんですよね。このView countのケースだと「閲覧」が一番妥当かなと思いますが、ちょっと硬いし。

「英文の grammatical structuresを日本語訳に反映する」とは

Microsoftは以前からランゲージポータルでスタイルガイドを公開していますが、このようなページもあるのを最近知りました。

learn.microsoft.com

スタイルガイド全体を読む時間をかけるほどではない、短期の翻訳作業の場合のために最重要ルール10個を言語ごとに挙げているとのことなので、さっそく日本語のTop 10 Tipsを見てみました。

learn.microsoft.com

1. Keep the audience in mind
2. Stay true to the structure and intent of the source
3. Be flexible
4. Pick the right term
5. Be aware of expressions and tone
6. Understand basic writing styles
7. Enclose UI labels
8. Pay attention to katakana compound words and prolonged sound mark
9. Know what to leave in English
10. Use the right reference material

最初の、読者のことを常に考えるのはよいとして、2番目が気になります。

2. Stay true to the structure and intent of the source

Try to reflect the same grammatical structures as the source text. Consider the intent of the text, and convey the message precisely.

英語と日本語は文法体系がまったく異なるのですが、原文テキストと同じ文法構造を反映するよう努めるとは、具体的にどういうことなのでしょう。単語や句や節の配置を合わせろということ? これが2番目に挙げられているということは、過去に文法構造が違っていて大問題になったことがあるのでしょうか。一つでも例が添えられていると理解しやすいのですが。

参考までに、他の言語のも見てみました。

Korean Localization Style Guide - Globalization | Microsoft Learn

1. Warm and relaxed
2. Crisp and clear
3. A natural tone and fluent translation
4. UI and UE terms and error messages
5. Country/regional standards
6. Brand, product, and feature names and trademarks
7. Translation of version strings
8. Abbreviations
9. Acronyms
10. Reference materials

重視するポイントは言語によって結構異なるのですね。

Simplfied Chinese Localization Style Guide - Globalization | Microsoft Learn

1. Check the provided reference materials
2. Keep the audience in mind
3. Keep the same style and voice as the source text
4. Follow the language-specific standard
5. Be careful with elements that should not be translated
6. Be consistent in your translation
7. Use short and simple sentences
8. Avoid "translationese"
9. Use the right level of formality
10. Follow different principles for different content types

「3. Keep the same style and voice as the source text」のところに次のような記述があるのですが、Microsoft voiceを反映して英文と同じようなトーンと構造で訳せということでしょうか。

When translating into Simplified Chinese, write in a way that reflects the Microsoft voice, which means choosing words and grammatical structures that reflect the same style as the source text. The general style should be clear, friendly, and concise. Text that is written in the Microsoft voice reflects the short, simple words spoken in everyday conversations and avoids an unnecessarily formal tone.

Example:

English: Something bad happened! Unable to locate downloaded files to create your bootable USB flash drive.

Our style: 发生错误! 找不到下载的文件,无法创建可启动的 U 盘。

Not our style: 发生了糟糕的事情! 无法找到已经下载的文件来创建您的可启动的 USB闪存驱动器。

 

Pay-as-you-goをどう訳すか

Microsoft Azureのトップページ(https://azure.microsoft.com/ja-jp/)を見たら、また大見出しとその直後の説明文が英語のままになっているのですが(日本語版だけでなく他の言語も)、先日見たバージョンで気になっていたことを取り上げてみたいと思います。

 

 

それは、「従量課金制で今すぐ始めましょう」のところです。英語版(https://azure.microsoft.com/en-us/)では「Get started now with pay-as-you-go pricing.」と書かれています。

このpay-as-you-goの日本語訳は「従量課金制」でよいのでしょうか。Microsoftが公開している用語集(各言語の用語の検索とダウンロード - Microsoft | ランゲージ ポータル)でも、次のような訳が登録されています。

Pay-As-You-Go

従量課金制

The pricing tier in which the user pays only for what is used, with no minimums, scaling up or down on the fly.

Skype Creditの文脈では「プリペイドの」となるようですが。

Pay As You Go

プリペイド

Pertaining to a way for paying for Skype paid features in which the user pays with Skype Credit at the moment he/she uses the feature.

クラウドコンピューティングという分野でのpay-as-you-goの意味は、英語圏のネット記事でも「charges based on usage」と説明されているので、その点では「従量課金」です。ではなぜ、comsumption-basedと言わずにpay-as-you-goという表現を使うのか。

www.techtarget.com

Pay-as-you-go cloud computing (PAYG cloud computing) is a payment method for cloud computing that charges based on usage. The practice is similar to that of utility bills, using only resources that are needed.

Microsoftクラウドコンピューティングが従量課金制であることは、使う側にとってメリットなのでしょうか。使う量に応じた料金計算は当たり前ですが、電話料金と同じで、たくさん使う場合は定額制のほうが安心かもしれません。

上記の記事の引用部分の続きは、次のように書かれています。

One major benefit of the pay-as-you-go model, which is a form of consumption-based pricing, is that there are no wasted resources. Users only pay for what they use rather than a certain amount of resources that may or may not be used. With traditional enterprise design, users architect data storage to handle the maximum workload. But with the public cloud, the pay-as-you-go method charges the organization only for what it stores, provisions or uses.

あるリソースが必要になった場合に、従来はその最大使用量を見越して購入していたが、それだとリソースの一部は使われず無駄になる可能性があるのに対し、パブリッククラウドならば実際に使う分だけを支払えばよいということですね。

Microsoft Azureのトップページでも「Get started now with pay-as-you-go pricing.」に続いて「There's no upfront commitment—cancel anytime.」と書かれているように、upfront commitmentがなくていつでもcancelできることが、このpay-as-you-go pricingのメリットなのだと思います。この「実際に使う分だけを支払う」をうまく日本語で表現する方法はないものでしょうか。

Modernizeとは

Microsoft Azureのトップページ(https://azure.microsoft.com/ja-jp/)ですが、先日のブログを書いた直後にまた文言が変更されていました。

https://azure.microsoft.com/en-us/

大見出しの内容は前のバージョンと同じですね。今度はその下のテキストも日本語になっています。

クラウドとオンプレミスへの投資を移行、最新化、最大化します。従量課金制の料金で今すぐ始めましょう。事前のコミットメントはなく、いつでもキャンセルできます。または、Azure を最大 30 日間無料でお試しください。

Migrate, modernize, and maximize your cloud and on-premises investments. Get started now with pay-as-you-go pricing. There's no upfront commitment—cancel anytime. Or try Azure free for up to 30 days.

投資の移行、最新化、最大化とはなんのことでしょう。英和辞典でmaximizeの語義を調べると「最大にする」の他に「最大限に活用する」というのもあるので、こちらの意味で使われているのではないかと思うのですが。

それよりも、もっと気になるのが「最新化」です。英語ではmodernizeです。最近、日本のIT企業の広告などで「モダナイズ」「モダナイゼーション」というカタカナ語をよく見かけるようになりましたが、modernにすることをMicrosoftでは「最新化」と表現しているのですね。このページの他の部分にもmodern、modernize、modernizationという単語が出現していますが、日本語版では1か所だけ「モダン化」で、あとは「最新」「最新化」です。ローカライズの仕事をしていると、「カタカナ語を避ける」という指示を受けることがよくあるのですが、これもそのパターンでしょうか。

Google検索で「モダナイズ」という検索語句を指定すると、私の環境ではこのページが最初にヒットします。

atmarkit.itmedia.co.jp

この記事が公開されたのは2014年11月です。8年も前から「モダナイズ」という言葉はあったのですね。しかも登場しているのは日本マイクロソフトの人です。

この記事の冒頭部分を引用してみます。

 近ごろ、エンタープライズITに関する話題の中で「モダナイズ」あるいは「モダナイゼーション」という言葉を聞くことが増えていないだろうか。字義通りに訳せば「現代化(する)」といった意味だが、特にシステム開発の分野では「数世代前の技術を用いて作られた古いシステムや方法論を、最新の技術要素を使って、より現代的なものへと作り変える」といった意味で使われることが多いようだ。

 そして、この「モダナイズ」は、古いシステムに対してだけ使われているわけではない。日々、新たな技術が生まれ、市場環境も変化し続けるIT業界においては、エンジニア自身も自ら「モダナイズ」していく必要がある。

「古いシステムや方法論を、より現代的なものへと作り変える」。確かに「最新化」かもしれませんが、古いシステムと現代的なものとの間にははっきりとした境界があるわけですよね。バージョンアップして「最新」にするのではなく、その境界を越えてmodernにするということです。

カタカナ語で済ませないでなるべく日本語で表現する」というローカライズ業界での指示は、読者のことを考えるともっともなのですが、英語圏からやってきた新しい概念を日本語でどう表現するか、ローカライズ業界があれこれ考えているうちに日本のIT業界ではそのままカタカナ語として浸透してしまっているというケースが結構あるのではないかと思います。

with lessをどう訳すか

Microsoft Azureのトップページ(https://azure.microsoft.com/ja-jp/)のデザインがまた変わっていました。

 

先週見たときは、見出しの下に小さいフォントで表示される説明文も日本語化されていたので、その部分が英語版で変更されたのにローカライズが追いついていないようです。

 

 

英語の「Do more with less. On Azure.」という6ワードの大見出しが、日本語版では

より少ないリソースでより多くのことを行います。
Azure 上。

です。日本法人がこれで満足しているのでしたら、特に言うことはありません。

まあ、この種のコンテンツを訳すのは簡単ではありませんよね。私も決してこういうのは得意ではありません。得意な人はサクサク訳せるのでしょうか。

Do moreはともかく、そのための何をlessにするか、日本語では何かしら補足しないことには文章になりません。フランス語ではほぼ逐語訳でいけるようですが。

https://azure.microsoft.com/fr-fr/

中国語ならこういうフレーズも短く表現できるのかなと思いましたが、そうでもないようです。

https://azure.microsoft.com/zh-cn/

 

https://azure.microsoft.com/zh-tw/

 

翻訳の「正解」を見つけるのは難しいですね。

最後まで読まないとわからない日本語の文章を最後まで読んでもらえるか

Microsoft Azureの「開発者のストーリー」のページを見ていたら、他にもちょっと気になる表現がありました。

開発者のストーリー | Microsoft Azure

南アフリカにおける Azure を使った性暴力対策
Christine と Naomi Bisimwa は、クラウドとモバイルのテクノロジを使用して、南アフリカで横行している性暴力に立ち向かいました。姉妹は GitHub と Azure を使用して、コミュニティの女性や少女に力を与え、自らの人生を自分たちの手に取り戻すことができるようなアプリを作りました。

見出しの「南アフリカにおける Azure を使った性暴力」まで読んでぎょっとしませんか? 最後まで読めば「Azure を使った」は最後の「対策」を修飾していることがわかりますが、なぜ離してしまったのでしょう。こういうWebページは、隅から隅までじっくり読んでもらえるとは限りません。斜め読みして面白そうだったら読む人も多いのではないでしょうか。また、見出しは別のところで引用されるときに文字数の関係で途中までしか表示されないこともあるので、そういう場合でも残りの部分をある程度想像できるような書き方が必要かと思います。

Developer Stories | Microsoft Azure

Combating gender-based violence in South Africa with Azure
Christine and Naomi Bisimwa tackled the rampant effects of gender-based violence in South Africa with the cloud and mobile technology. The sisters used GitHub and Azure to build an app that empowers women and girls in their community to take their lives back into their own hands.

英語ではcombatという動詞が使われていますが、日本語でも「対策」よりは「暴力と戦う」といった強い表現でよいと思います。

本文も、「クラウドとモバイルのテクノロジを使用して」と「立ち向かいました」が離れていますが、既知情報である「南アフリカで横行している性暴力に」を先に述べてから「クラウドとモバイルのテクノロジを使用して立ち向かいました」という新規情報を述べるほうが自然ではないでしょうか。

次のセンテンスも、「アプリを作りました」を述部に持っていくよりも、英文での情報の提示順に合わせて「姉妹がGitHubとAzureを使って開発したアプリは」で始めたほうが、前のセンテンスからのつながりが自然になるかと思います。「姉妹は GitHub と Azure を使用して、コミュニティの女性や少女に力を与え、」まで読んだ時点ではなんのことだかわかりませんよね。姉妹がAzureを使って性暴力に立ち向かったというテーマの文章の締めくくりが「アプリを作りました」だと、ちょっとインパクトに欠けるような気がします。文法的な正確さを優先させた結果でしょうか。

ちなみにこの事例の動画は、下記のページだと字幕付きで視聴できるようです。

https://learn.microsoft.com/en-us/shows/azure-videos/combating-gender-based-violence-in-south-africa-with-azure