レビュアー/チェッカー/エディターの役割

2か月ぐらい翻訳の仕事が続いていたのですが、久しぶりにレビューの仕事をすることになりました。レビューにはレビューのメリットがあるので、特定の取引先に限ってのことですが、条件が合えば引き受けることにしています。が、早くも後悔しています。レビューする訳文は、個人の翻訳者ではなく翻訳会社に発注したものなので、こちらは細かくチェックしなくてよいと聞いていたのですが、全然使えません。ふだんブログのネタにしている変な訳はこういうところで作られているのかと感心してしまいました。
それにしても、翻訳会社のレビュアー/チェッカー/エディターは何をしているのでしょうか? 会社によっては、翻訳者見習いにチェックをやらせているそうですが、では品質管理は誰がやっているんでしょうね。その翻訳会社の商品として外に出してよいかどうかを、見習いが判断できるんでしょうか。どういう体制だとしても、専門知識のない人に技術翻訳をやらせないでほしい。ITが専門なら、C++のコード例を見てだいたい何をしているか想像できますよね? そのコード例の上の説明文がまるでデタラメなので、想像できていないのがすぐにわかります。