専門用語の訳さえ調べれば実務翻訳はOKですか?

少し前の翻訳レビューの仕事で、「翻訳会社に発注した訳」の日本語訳だけを読んで引っかかるところがいくつもあったので、PM(Project Manager)を通して翻訳のやり直しをお願いしたところ、「用語の訳はチェッカーがしっかりチェックしてますが?」みたいな反応が返ってきたそうです。翻訳会社の「チェッカー」ってその程度のチェックしかしてないんでしょうか? 日本語訳を読んで引っかかるときは、誤訳や訳抜けがあることが多いのですが、実際に誤訳のある場所を例として示しても「全然おかしくないので修正はできない」と突っぱねられたそうです。係り受けがおかしくて誰が見ても変な文章なのに「おかしくない」と言われると、こちらの感覚がおかしいのかと思えてきて、自信を失いそうになります。