デタラメな訳を平気で納品できる理由

引き続き、ある翻訳会社から依頼された翻訳レビューの仕事をしているのですが、その訳文は別の翻訳会社から納品されてきたものです。国内のどちらかというと大手の翻訳会社なので、翻訳者が訳したものを別の人がチェック/レビュー/エディットしているはずですが、日本語がデタラメすぎて頭がおかしくなりそうです。原文の単語を日本語の単語に置き換えてパズルのように並べ替えて一丁上がりって感じ。原文と訳文を対にして翻訳会社の名前付きでここにペーストしたいくらいですが、そんなことをしたら機密保持契約違反で訴えられてしまうのでいくらなんでもできません。プロジェクトの規模はかなり大きく、翻訳者の頭数を揃えるのも大変だったと思いますが、そんなことは関係ないですよね。いつでも一定の品質が期待できるのが翻訳会社に頼むメリットなはずです。