Microsoftの不思議な言語感覚(「弊社」)

www.microsoft.com

上記のWebページに次のようなテキストがあるのですが、これは機械翻訳の出力か何かですか?

弊社での調査によると、多くのユーザーは新しい PC は、快適であると答えています。 

 

「弊社」というへりくだった表現は、こういうコンテンツではあまり使わないものだと思っていましたが、最近はそうでもないのでしょうか。

英語版のページ(https://www.microsoft.com/en-us/windows/computers)では、この部分は次のようになっています。

We’ve done the research. Turns out people are happier when they go with a modern PC.6 Here are the top three reasons why. 

 そして脚注6には「Microsoft Customer Usage & Satisfaction Program – US FY18 (Q1-Q4).」と書かれています。英語版では「調査」の出典を示し、その下の3つの項目に続くように文章が書かれていますが、日本語ではただの怪しい文章になっています。

ついでに、A modern PCの日本語訳は「新しいPC」でいいのでしょうか? Microsoftは「モダンPC」を推進していたはずですが。

www.itmedia.co.jp

www.watch.impress.co.jp

目的は、PCの詳しい知識がなくても店頭で「モダンPCが欲しい」と言えば、一定水準を満たしたPCを選べるようにするため。最新のWindows 10を快適に使えるPCを選ぶ指標になる。

 Microsoft自身も「モダン PC」のページを作ったのに、もう忘れてしまったのでしょうか。

www.microsoft.com

もう一つついでに、「多くのユーザーは、快適であると答えた」ということは、快適ではないと答えた人もいるということになりますが、そんなことを言ってしまって大丈夫なのでしょうか。英語版ページでは「Turns out people are happier when...」です。つまり、modern PCに移行した人はみんな、前より幸せになったことが調査で明らかになっているので、皆さんも移行しましょうということですよね。