マイクロソフトの機械翻訳の免責表示


http://support.microsoft.com/default.aspx/kb/818199/jaの表示のスクリーンショットです。Googleである言葉を検索していてこのページがヒットしたのですが、しばらく読んでいて何だか変だなあと思いました。

注意:これらの命令は、おおよそ豊富なユーザーに対してのみ意図される手順です。 次の他の手順従えなければ、またはシステム構成によってこれらの手順の一部に従える必要がないならない。 コンポーネントのネットワーク インストールと構成に詳しい場合、システム管理者に問い合わせます。

で、ページを下の方にスクロールしたら例の数行にわたってボールドで書かれた文章がありました。重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。から始まるあれです。この文章って、ページの先頭にありませんでしたっけ? これが見えたら即座にAlt+←を押すのですが、なかったのでついうっかり読んでしまいました。なんかだまされた気分です。時間返せと言いたい。よく見ると、ページの初めの方に「機械翻訳版の免責を確認する」というリンクがありますが、まったく目立っていません。
ただ、文章をパッと見た限りでは慣れない翻訳者が訳したもののようにも見えるので、機械翻訳も結構進歩したものだと思います。