IE8の新機能の説明文がさっぱり意味不明の件

Windowsの自動更新の中にIE8があって、サブマシンの方はうっかりインストールしてしまいました。まあインストールしても害はないはずだと思いたいのですが。
インストールが終わって表示された画面に、新しい機能がどうのこうのと書いてあって、http://windowshelp.microsoft.com/Windows/ja-JP/help/a6df0ca7-a008-4111-b8d9-73488c0e619f1041.mspxへのリンクがあったのですが、リンク先のページの文章が何か変です。

Internet Explorer をはじめて起動すると、検索候補とアクセラレータのプレビューという 2 つの新しい機能―を使用するためのオプションが提示されます。両方の機能が Web での情報を効率的に検索およびビューに役割を果たせます。これらは次のように機能します。

検索候補は、ユーザーが検索ボックスやアドレス バーに検索用語を入力していくと、候補となる他の検索用語の一覧を表示します。入力を続けたり、矢印やマウスを使用して候補となる用語から選択できます。検索候補は数多い検索プロバイダーに提供しており、アドオン管理でオンとオフを切り替えることができます。詳細については、「Internet Explorer の検索プロバイダーを変更または選択する」を参照してください。

ユーザーが Web ページで選択したテキストをアクセラレータで使用すると、地図の Web サイトで住所を開いたり、辞書で単語の定義を検索するといったタスクが実行できます。アクセラレータ上でマウス カーソルを移動すると、アクセラレータのプレビューにより、小さなウィンドウに情報が表示されます。アクセラレータはウェブ・ページまたはウェブ・サービスに選択されたテキストを送信することを通じて、この情報を取得します。多くの場合、現在のページを開いた状態のまま、プレビューが探している情報を表示できます。すべてのアクセラレータにプレビュー機能があるわけではなく、また十分な情報が得られるとも限らないため、さらにアクセラレータをクリックして Web ページや Web サービスを開き、タスクを実行する必要があるかもしれません。アクセラレータのプレビューだけをオフにすることはできませんが、アクセラレータ自体を使用しないよう選択することはできます。詳細については、「アクセラレータを使用した、選択テキストによるアドレスの検索、用語の定義、その他のタスク」を参照してください。

これってもしかして機械翻訳ですか? 人間が訳したものだとしたらかなりお粗末です。「Web ページ」と「ウェブ・ページ」が混在してるし。MSスタイルではカタカナ複合語の間にスペースを入れるのではありませんでしたっけ。
こういう仕事をしていて言うのもなんですが、こうやってテキストで延々説明されても読む気がしないというか、もっと一発でわからせる方法ってあると思うんですよね。スクリーンショット付きで「アクセラレータ」を使う手順を説明するとか。だいたい、IE8でテキストを反転させて現れる青い四角のアイコンにマウスカーソルを合わせても何も表示されないので、それが「アクセラレータ」であることがなかなかわからないんですよね。