地震

今回の地震を体験して(私自身は首都圏在住ですが、おかげさまで今のところ電車が止まった以外は特に支障はありません)思い出したのは、「フリーランス翻訳者は、仕事を受注したら何がなんでも仕上げて納品しなければならない」という誰かの言葉です。しかし、たいていの実務翻訳は他の人でも代わりがききますから、仕事を続行できなくなったらすみやかに翻訳会社に連絡すれば、翻訳会社も鬼ではありませんから事情を理解してくれるはずです。問題は連絡手段ですが……。
もう一つ思ったのは、オンラインバックアップのことです。いくらPCのディスクの内容を別のハードディスクにバックアップしておいても、バックアップディスクもろとも失うような事態になったら何にもなりません。あと、作業中のファイルもオンラインで保存しておけば、いざというときに翻訳会社に、やりかけですがそこから引き取ってくださいということもできるかと思います。もちろんセキュリティがしっかりしているサービスを選ばなければなりませんが。
今回の地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。また、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。私にできるのは義援金を送ることぐらいですが、助け合うことの大切さを改めて実感しました。